株式会社橋本組

防災(蓄光)・防滑製品の販売、施工はお任せください。シーエーはアベイラス製品の全国代理店です。

トップページ蓄光製品

蓄光製品

表面硬度が極めて高い。

アベイラス・アルシオールはその優れた基本物性により、様々な用途への活用を可能としました。
世界で初めて屋内の床・壁・水回り等、どのような場所においても長期使用が可能です。高い表面硬度と強度により、傷がつきにくく、割れ、欠けも生じにくいだけでなく、優れた耐候性と耐薬品性により、太陽光や酸性雨による劣化もほとんど起こしません。
更に吸水性がほとんどないことから浴室・キッチン等の水回りにおいても長期使用を可能としました。

曲げ・圧縮強度が極めて高い。

アベイラス・アルシオールは従来の蓄光製品と比べて、極めて高い初期輝度を有するのみならず、発光時間においてもJIS規格の準拠試験(D65常用光源200LI照射し、飽和状態から3mcd/uに到達するまでの時間)で、24時間以上(最長42時間)という長時間の輝度保持能力が実証されております。JISZ9107(安全標識板)の規格(JA)値に対し、60分後の輝度は15倍以上(24時間タイプ)有しており、長時間に渡り暗闇での視認性を確保でき、安全性を更に高めます。また、発光時間をコントロールすることで、使用用途に合わせて使い分けることができます。

吸水性がほとんどない。

アベイラス・アルシオールは電力を全く使用することなく発光し、電気製品のように蛍光管やバッテリー等の維持管理上の廃棄物を出さない環境に優しいノンエネルギー製品です。また、配線・配管等のランニングコストを大幅に削減します。

耐酸性・耐アルカリ性に優れている。

アベイラス・アルシオールは優れた耐久性とそれを裏付ける数多くの長期間の使用実績から業界初の5年間保証を実現しました。(他社製品は平成25年1月見現在まで全て保証はされていません。)

世界で唯一、水廻りに使用でき、傷が付いても光り続け蓄光性能を損なうことなく防滑機能を付加することを可能とした蓄光製品です。

アベイラス・アルシオールは、優れた物性により、カウンタートップ等の水回りやプール等の濡れた床面や水槽内での使用を可能とし、更に床面に防滑性能を付加することにより、高齢者やお子様の歩行時の安全性を確保できる蓄光製品です。
※泥や硫黄等の付着や沈殿物が蓄光機能を遮蔽する場合がありますので採用の際にはお問い合わせください。

様々な証明・登録・認定等

アベイラス・アルシオールのみが有する驚異の物性と性能が、下記の様々な証明・登録・認定等々を取得することを可能としました。

新たに公布・施工された規格・法改正の概要

#
規格番号 JIS Z 9096
規格 床面に設置する蓄光式の安全標識及び誘導ライン
英文名称 Safety sign and guidance line of phosphorescent type on floor
概要 この規格は、建物からの避難を容易にするために屋内の床面、階段(踊り場、、踏み面など)、階段の壁面及び建物につながる屋外の床面、階段(踊り場、、踏み面など)、階段の壁面などに設置する蓄光式の安全標識及び誘導ラインについて標準化を行い、生産及び使用の合理化、品質の向上を図るために制定するものである。主な規定項目は、次のとおりである。
1.適用範囲、2.引用規格、3.用語及び定義、4.分類、5.性能、6.試験方法、7.製品の呼び方、8.表示、9.試験報告書及び取扱説明書、10.保守・点検
従来JIS規格「JIS Z 9107」と新規制定された「JIS Z 9096」の主な相違点
主な試験項目 JIS Z 9107 JIS Z 9096 現状において不適合となる他の蓄光素材 「JIS Z 9096」規格適合品の研究開発難易度(予測)
耐衝撃試験 300gの鉄球を30cmの高さから落として僅かなへこみしか生じないこと 500gの鉄球を30cmの高さから落としてデザイン要素に使用上問題がないこと 当磁器タイルの5mm厚品はJIS z 9107では適合していましたが、JIZ Z 9096では不適合となります。 当磁器タイルは元々靭性がない素材。衝撃強度を上げるには1000℃以上で焼成して磁器質化するしかないが、蓄光顔料自体が500℃以上で焼成すると酸化が進み発光性能が低下することから衝撃強度と発行性能の両方を向上させるのは困難と予測されます。
耐アルカリ性試験 アルカリ水を表面に垂らして常温で2日間放置後に表面の割れ、膨れがないこと 40℃のアルカリ水に3日間浸漬させた後の輝度測定で輝度性能が満足していること 東京駅で劣化事故が発生したガラス製品のように床面から侵食してくるアルカリ水で劣化する製品はほとんどの製品が不適合品となります。 裏面や側面からの浸水を防ぐ方法としては、劣化事故を起こした製品と同様にガラスシートの貼り合わせ界面小口に防水シールを施すしかありませんが、現状、長期間100%防水できる床用シール材が存在しないため、開発はほとんど不可能と予測されます。
耐汚染試験 無し 口紅、墨汁、しょうゆによる汚れ試験後の輝度性能が満足していること ホーロー製品のように表面に汚れが付着しやすい製品はほとんどの製品が不適合品となります。 ホーロー製品は1000℃以上で焼成すれば表面の凹凸がなくなり汚れが付きにくくなりますが、陶磁器タイルと同様に発光性能が低下するため性能を維持するには低温焼成しかできないことから、汚れが付着し難い製品の開発はほとんど不可能と予測されます。
凍結融解試験 無し -20℃〜+20℃を200回繰り返し、割れ、欠けがないこと 当磁器タイルのように吸水性があるものは不適合となる可能性があります。 吸水率を少なくするには1000℃以上で焼成して磁器質にする方法がありますが、蓄光顔料自体が500℃以上で焼成すると発光性能が低下することから開発は困難と予測されます。
耐摩耗性試験 研磨紙で600回擦り、表面の程度を見る 鉄鋲での叩きと鉄ブラシでの擦りを回転させながら1000回行い、割れ欠けなく且つ試験後の輝度性能が満足していること シートやテープのような摩耗する製品はほとんどの製品が不適合品となります。 シートやテープ製品に使用されているプラスチック素材でこの試験に合格するには耐摩耗性の高い数ミリ厚の保護層が必要となります。通常、これらの製品には蓄光層の上に10〜100の透明な保護層が施されていますが、厚い保護層を施したら励起光を隠蔽することになり、発行性能の大幅低下につながるため開発は困難と予測されます。
現場での輝度測定方法 規定無し 附属書B「設置場所におけるリン光輝度の測定方法」にて簡易輝度計とその測定方法が規定されました JIS Z 9096の制定後は、設置後の現場点検における輝度測定が正確にできるようになり、現状放置されている劣化等を起こし機能しなくなる製品は除外されています。
適応部位 床、壁 屋内及び建物につながる屋内の床面、階段(踊り場、蹴込み、踏み面など)、階段の壁面などに設置する蓄光式の安全標識及び誘導ライン JIS Z 9096の制定により、屋内の床面、階段(踊り場、蹴り込、踏み面など)、階段の壁面及び建物につながる屋外の床面、階段(踊り場、蹴り込、踏み面など)階段の壁面などに設置する蓄光式の安全標識及び誘導ラインにおいて、現時点において、「アベイラス・アルシオール」のみが適合しており、他に適合品は見当たりません。
新規格「JIS Z 9096」に「アベイラス・アルシオール」製品はハード帯ぴ、フレキシブルタイプ共にすべての試験に余裕を持った数値で適合しております。

都市再生特別措置法改正
III.具体的な対策、組織作りのアイデア集
 2 都市再生安全確保計画に記載する対策内容例
  C円滑な退避の確保(退避の際の混雑・混乱の回避)
   2-2滞在者等の安全の確保を図るための対策
    1) 事前対策【ハード対策】
■退避経路整備
災害時に円滑な退避が可能となるよう、夜間や停電時でも視認できる退避経路指示標識等を整備する。

蓄光製品
このページのトップへ
防災(蓄光)・防滑製品の販売、施工はお任せください。
シーエーはアベイラス製品の全国代理店です。

本社
〒425-0021 静岡県焼津市栄町5-9-3
TEL:054-627-3277 FAX:054-628-8007
東京支店
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-15八重洲通りビル506号
TEL:03-6870-3545
Copyright©2009-2018 株式会社 シーエー CO.,LTD. All rights reserved.