製品情報

食品関連施設

アベイラス・アンプロップ -HACCP対応タイル製品-

食品関連施設「HACCP」の検査基準にもクリアしているタイル製品
驚異の低吸水率0.04%で雑菌から食の安全を守ります

吸水性がほとんどないため、汚れが付着しても簡単に洗い流すことができ、雑菌の繁殖も抑えられ衛生面でも安全なHACCP 対応のタイル製品です。また、油や洗剤水等が引き起こす滑りによる転倒事故を大幅に削減します。
足元を気にしない敏速な動きで、作業効率と清掃効率が大幅に向上します。さらには、優れた耐摩耗性により防滑性能の長期保存を可能とし、改修の回数が大幅に削減することでコストパフォーマンスの最大化が図れます。

塗床の問題を解決するタイル「アベイラス・アンプロップ」比較表

吸水性 防滑性 清掃性 耐久性 耐薬品性
塗床
アンプロップ

水産食料品製造業における労災事故の型別発生状況

全体労災事故件数は減っていますが「転倒」事故は増えています

アベイラス・アンプロップの優れた性能

 

衛生環境 吸水率がほぼゼロのため、汚れや臭いがしみ込まずカビや藻が発生しにくく、ヌメリが生じにくいことから清潔な衛生環境を維持します。
清掃性 定期的な清掃を施すことで魚の油や残渣、血糊の除去が簡単に行えます。
耐久性 割れや欠けが生じにくく、防滑性能を長期保持しリフォーム回数を大幅に削減するためライフサイクルコストを抑えることができます。
食品工場は稼働日数が年間300 ~ 350 日、売上日割換算/ 約¥20,000 千-(例:年商/70 億円規模)
アベイラス・アンプロップなら改修工事がほぼ発生せず営業損失の低減!
防滑性 すべり抵抗値が高く、且つ磨耗し難いため、稼働日数が多い工場床に最適です。滑り抵抗値を継続維持できる特異物性が転倒事故を大幅削減します。

HACCP導入2021年6月までに完全義務化!

食品衛生法が改正されたことにより、「HACCP(ハサップ)」の導入が原則としてすべての食品等事業者に義務付けられることになりました。義務化されるということは、「期限」と「違反時の罰則」があるということになります。万が一食品衛生に関する危害が発生し、食品衛生法違反となった場合は3年以下の懲役または300万円以下(法人は1億円以下)の罰金が課せられることになりますので、事業者は事故が発生しないように衛生管理を徹底しておかなくてはなりません。また、消費者としては徹底した衛生管理のもとで製造された製品を選びます。HACCP導入で顧客の信頼を得て安心・安全を提供しませんか?

ページ上部へ戻る
;