HACCPのご案内

HACCP導入2021年6月までに完全義務化!

食品衛生法が改正されたことにより、「HACCP(ハサップ)」の導入が原則としてすべての食品等事業者に義務付けられることになりました。義務化されるということは、「期限」と「違反時の罰則」があるということになります。万が一食品衛生に関する危害が発生し、食品衛生法違反となった場合は3年以下の懲役または300万円以下(法人は1億円以下)の罰金が課せられることになりますので、事業者は事故が発生しないように衛生管理を徹底しておかなくてはなりません。また、消費者としては徹底した衛生管理のもとで製造された製品を選びます。HACCP導入で顧客の信頼を得て安心・安全を提供しませんか?

導入事例「株式会社マルイリフードサプライ様」

 

課題(塗床)
  • 劣化している塗床は凸凹ができ、 水、 残渣、ゴミなどによる汚れに悩まされていた
  • 作業場は魚の脂で滑りやすく危険だった
  • 工具や冷凍魚を床に落とす事があるため、割れ、欠け、剥がれが起きやすかった
施工後の効果
  • 経年による凹凸が無く水はけも良い為、清掃しやすくより衛生的になった
  • 導入してからの3年間転倒事故ゼロになった
  • 工具を落としても割れ欠けが生じていない

お客様インタビュー

導入経緯は何ですか?

旧工場の塗床では、工具や魚を落とした時の床面の傷に魚の脂、血のりや残渣が残ることで不衛生であったり、清掃時にも残渣を除去する手間が掛かってしまう問題がありました。

HACCP対応のタイル製品を採用していかがでしたか?

工具や魚(冷凍)を落としても床がほとんど傷がつかず、3年経った今でも変わらないことに驚いています。 

他にも使用されて良かったことはありましたか?

旧工場で使用していた塗床の経年状況では、水たまりや割れ欠けがあり十分に乾いた状態が得られませんでしたが、このタイル材になってからは夜間の除湿だけで床面が乾燥し、カビが発生しにくい環境を維持してくれています。また、防滑効果のおかげで新工場になってから転倒事故がゼロになりました。


営業担当者からのコメント

0.04%という吸水率が汚れや臭いを染み込みにくくし、カビが生えづらい床面の環境を維持します。水産加工場においては清掃のために用いられる酸やアルカリ洗剤などにより、通常の塗床等は弱く経年するほどに摩耗・劣化し滑りやすくなってしまいますが、HACCP対応のアベイラス・アンプロップは耐久性、耐薬品性、清掃性が高く長期間最適な状態を保てます。

簡単清掃で清潔綺麗!

魚の残骸による汚れ 魚の脂や残該を除去清掃 清掃性が高く汚れが落ちやすい

お客様プロフィール

本社所在地
設立
従業員数
事業内容
URL

静岡県焼津市宗高1475-1
1966年5月23日
84人
冷凍鮪類卸、水産加工業、冷蔵倉庫業、外食事業部
https://www.maruiri.co.jp/

 

ページ上部へ戻る ;